投稿フォームがないサイトの体験談は要注意!

世界中の人が投稿が可能になっている投稿フォームには、はっきり言って100%本当の事を書いているという保証はありません。

これは、医療品に関わず、レストランや各種学校の口コミでさえそうですが、主観ですから、信憑性については信じきれない部分もあり疑わしい場合もあります。

悪意を持って書いていなくても、なりきりで意図的に書かれていることがないとは言えません。

体験談をということになっていますが、医療品やサプリメントといったものは、当人の体質や状況が異なるので、あらゆる人に対して同じ効果が出るかわかりません。
効いてるような気がすると書いたとしても、他の要因が重なって、効いてると感じたのかもしれませんから、難しいです。
副作用にしても、出る人も出ない人もいます。
非常に人間の体は複雑にできているので、効果の個人差は非常に大きいです。

たとえば便秘薬ひとつとってもAという人には抜群にきいたからと言ってAの肉親が飲んでも全く効かないということも実際あります。

多くの人の投稿で同じ内容が書かれていれば信憑性は高くなり、数少ない口コミなら信憑性は無いとは書きませんが真偽のほどは半々くらいと思ったほうがいいです。
インターネットに書かれていることは参考にする程度がいいです。

通販サイトの体験談はどこまで信用できる?

法改正によって医薬品が通販サイトでも購入できるようになり、国内を問わず海外の医薬品であっても購入できるようになっています。
またこうした通販サイトには薬を実際に使用した人間の使用感などを記載するシステムとして口コミやレビューを掲載しているケースが有ります。

口コミやレビューを参考に医薬品を購入するという人は全体の約6割を占めており、それだけ重要な判断材料となっていると言えます。
しかしながらその信頼性に疑問を抱く人も多く、口コミなどの信ぴょう性をはかりかねると答える人は半数以上にも及びます。

通販サイトのレビューや口コミに信頼性を知るためには2つの方法があります。
まず1つは自分が使用したことがある薬を扱っている場合、それに関するレビューを見てみるということです。
実際に自分が使用した時の感覚とかけ離れているものであれば、レビューに信憑性がないと判断することが出来ます。

また口コミなどを記入する際に、実際にそのサイトから購入した人間のみが書き込めるようになっているかどうかも見極めるポイントの1つです。
購入しなくてもレビューを書き込めるようになっていたり、良い評価ばかりの場合には通販サイト側で意図的な情報操作をしている可能性が考えられます。