病院の薬と通販サイトの薬は同じ?

病院の薬と通販サイトの薬の効果が同じだということを知っていましたか。
医師の診断に基づいて処方されている医薬品の多くが、医療用医薬品に分類されていて、それだけ効果が高い反面、しっかりと用法用量を守らないと副作用の恐れもあるのです。
また、薬剤師のいる薬局でも医療用医薬品とほぼ同等の効果が期待できる第一類医薬品を購入することができますが、こちらでは保険が適用されませんから、病院で処方してもらった方が安く上がるというメリットがあります。
しかし、最近では、個人輸入の代行サイトなどを使って個人的に医薬品を輸入する人々が増えているのです。
これが医薬品の通販サイトと呼ばれるもので、第一類医薬品に属するものや、医療用医薬品に属するものまで幅広く輸入することができるのです。
また、後発医薬品と呼ばれるジェネリック医薬品を輸入することで、かなりリーズナブルな価格で医薬品を入手することができるため、医薬品通販サイトの利用者は年々増加傾向にあるのです。
ただし、注意しなければいけないことは、あくまでも個人で輸入する訳ですから、個人の責任において服用しなければなりません。
また、他人に入手した医薬品を譲渡することも禁じられています。