月経前不快気分障害とシアリスとの関係

月経前不快気分障害とは女性の特有の症状です、大体月経がはじまる7日から10日前くらいから始まるのですが気分がすぐれなくなり不安を感じることもあります。うつ病に近い症状になることもあるのです。
またイライラしたりちょっとしたことですぐに泣いてしまったり感情がコントロールできなくなることもあります。私生活にも支障をきたすことがしばしばです。
しかし月経がはじまればこれらの症状が無くなり嘘のように元気になります。
これの原因はまだ明らかにされていませんが、女性ホルモンが関係しているという説もあります。
この女性ホルモンがセロトニンの現象させ、感情がコントロールできなくなるのです。
この状態を打破するためには精神科に通う必要があります。
そこでセロトニンの減少をおさえる物質を処方してもらうことにより月経前不快気分障害を改善できるのです。
また月経前不快気分障害ということが分かれば生理が始まれば症状がなくなるということも分かり、安心感も得られます。
この事は男性には関係のない話のように思われますが、彼女や奥さんの月経前不快気分障害が原因で勃起障害になる事もあるのです。
感情コントロールができない女性が男性に八つ当たりし、その結果ストレスを抱えて勃起障害になります。
この時は相手に逆らうのではなく静かにシアリスを飲むのがいいでしょう。
シアリスで勃起障害を乗り越えれば奥様や彼女も喜んでくれます。
また勃起障害が原因で女性の八つ当たりがひどくなることもあるのでそれを予防で切るのもいいところです。
女性には精神科に通ってもらうのも一つの方法ですが、今まさに障害になっているときにはそれを勧めるのは逆効果です。
感情的になり怒られる場合もあります。